お風呂と衣類

ラジオ聴いていて、珪藻土のバスマットの話が出てました。

脱衣室が珪藻土で出来てたらいいのにね!って言ってたのですが、もうすでにジレノデザインでは、実績あります。
脱衣室の床・壁を、吸湿素材(エコカラット・珪藻土)としています。

それに脱衣室からすぐに、物干しが出来るようになっており、外付けのブラインドの向こうには佐鳴湖。

なんて贅沢な空間なのでしょうか!

それに、この写真で見ている背中側には、フィッティングルームという8帖大のウォークインクローゼットがあります。
つまり衣類の動線がここにコンパクトにまとまっているということ。

なんて機能的!

洗濯物は、お風呂に入る時や部屋着に変えるときに出ますので、お風呂とフィッティングルームが近いと便利。
まして、物干しもすぐというと、もう完璧です。

各室には服をしまうスペースがなくて済みますし、リビングのどこかに洗濯物が積まれたりしなくなります。

ただ、合わせ技で、ソファーの背もたれに掛けたりしないように、玄関付近にもコート掛けなど必要になってきます。

極小住宅と敷地

浜松市南区「寺脇の家」は、人・建築設計所(ジレノデザイン)で設計した、わずか25坪の新築住宅です。
5年が経過して、8.8坪の増築工事に入ることになりました。

実はこの2期工事、新築時から決めていたのです。

市街化調整区域という、新たに建築物を建てたり、増築することを極力抑える地域に、既存宅地として建てられる土地でした。
ところが、その面積が小すぎ、さらに変形していたことから、本当に小さな建物しか建てられず、難しい土地でした。

また、駐車場もとれないことから、オマケで建物の建てられない土地をとなりに付けてもらい、破格な金額で土地を購入できました。

しかも、不動産会社の名義でしたので、仲介手数料もなし。
極小住宅で複雑な設計をこなして完成したのが5年ちょっと前。

さてさて入居後5年を経過すると、やむない増築として、このオマケの土地での建築が許可されます。
そのため、この2期工事が可能になった訳です。
土地探しからご相談していただけると、希望する建物が入るかどうか検討しつつ、進めることができます。
そしてこの建物は、なんと「現代日本の建築」という美術書にも掲載されて、小さいながら認められる建築となったのです。

いままでの生活空間が、この増築により35%も床面積が広くなり3部屋分が追加され、さらに軒下空間(ピロティ)も得ることが出来ました。

敷地面積が広がったことにより、こうした成長を遂げることが出来たのです。

マンションリノベ


先日、マンションリノベが完成しまして、お引き渡しいたしました。
少し落ち着いた頃に、完成写真を撮影に伺いました。

マンションリノベは、水回りの老朽化から決断することが殆ど。毎日使うものですから、そのストレスはかなりのモノとなって蓄積されてしまいます。


どうしても後回しになってしまう住宅ですが、衣食住といわれるように生活の3大要素となっております。
クルマの買い替えや家具を買い足す前に、一見難しそうなリノベーションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

リフォームは、クロスの張り替えや住宅設備の入れ替え工事で終わるのが殆どです。リノベーションではそれに加えて、間仕切り壁の変更や、照明計画の変更、収納の変更など、生活自体に影響のある設計を入れ込みます。


細やかに変更ができるため、生活にメリハリが出て来たり、何をどこで行なうのか、場所の使い方が明確になり、それに付随する物の収納場所も整理されるようになります。

例えば、ここではカップコレクターには堪らない、このダイニング。出窓をカップボードに変更したものですが、ここに生活する人だからこそ、創り出されたモノです。
自分たちの生活が決まってきているからこそ、カスタマイズによってよりフィットした空間が作れます。

ただ大きくするとか、見せ場を作るとかというリノベーションとは違うのが、私どもジレノデザインの仕事です。

完成邸見学会2/24-25開催!

浜松市北区、2/24-25完成邸見学会のお知らせです。

あなたの住まいの原点はなんですか。もしそれが田舎にあるような日本家屋でしたら、古民家再生に憧れるかもしれません。

金指の家は、天竜の山の木を使った現代の生活にあった日本家屋。例えば本物のクラシックカーをレストアするのではなく、最新の技術と材料で伝統的な日本家屋をオマージュして作ったネオクラシックです。

光や風といった自然との応答が穏やかで、居心地の良い空間がたっぷりと作れる縁側空間や二間つづきの豊かさを純化して設計しました。

バリアフリー性にも配慮して、断熱気密性能、耐震耐風性能も最高等級。生活導線も驚くほど使いやすく、何よりもホッとできる空間に仕上げました。

ご予約なしで、ご自由にご見学いただけます。

現代日本家屋「金指の家」

設計:人・建築設計所(株式会社ジレノデザイン)
施工:株式会社エム・ツー