ビフォー→アフターの事例紹介

設計事務所が関わってする仕事ですので、デザイン重視と思われてしまうかもしれません。

もちろんそれも大切ですが、家に関するあらゆる部分を高めていくことを目指しています。

性能を上げるには、ここまでする。

①断熱や気密という温熱環境面
②構造計算をして補強していく構造面
③使いやすく機能的な設備面
④収納や人の動きなどの生活環境面
⑤美しいと感じるデザイン面

結果を見て、「わぁ綺麗!」で終わるビフォー→アフターではありません。

性能から全てとなると、途中の段階では、このような現場になることもあります。

ビフォー
アフター

完成写真のアフター状態は、氷山の一角。

ただし、リフォーム・リノベーションで済むこともあれば、建て替えの方がいいこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です