マンションリノベ


先日、マンションリノベが完成しまして、お引き渡しいたしました。
少し落ち着いた頃に、完成写真を撮影に伺いました。

マンションリノベは、水回りの老朽化から決断することが殆ど。毎日使うものですから、そのストレスはかなりのモノとなって蓄積されてしまいます。


どうしても後回しになってしまう住宅ですが、衣食住といわれるように生活の3大要素となっております。
クルマの買い替えや家具を買い足す前に、一見難しそうなリノベーションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

リフォームは、クロスの張り替えや住宅設備の入れ替え工事で終わるのが殆どです。リノベーションではそれに加えて、間仕切り壁の変更や、照明計画の変更、収納の変更など、生活自体に影響のある設計を入れ込みます。


細やかに変更ができるため、生活にメリハリが出て来たり、何をどこで行なうのか、場所の使い方が明確になり、それに付随する物の収納場所も整理されるようになります。

例えば、ここではカップコレクターには堪らない、このダイニング。出窓をカップボードに変更したものですが、ここに生活する人だからこそ、創り出されたモノです。
自分たちの生活が決まってきているからこそ、カスタマイズによってよりフィットした空間が作れます。

ただ大きくするとか、見せ場を作るとかというリノベーションとは違うのが、私どもジレノデザインの仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です